企業新人研修を担当していた方のセミナーに参加してきました

昨日午後から、渋谷で開催されたセミナーに参加してきました。セミナー会場の席数は役席ほど、こじんまりとしたセミナーでしたが、プロジェクタを利用しての動画演出に凝ったセミナーでした。3時間半ほどのセミナーの中で行われた講義は、セミナー講師になるためのステップを解説した講義でした。セミナー講師はこれから仕事が増えると言われていることから、セミナー講師としてのスキルを身に付ければ年収何千万もの収益を得られるというセミナーでした。他の参加者は税理士さんや動画クリエイターなどが居て、異業種からセミナー講師のスキルを身につけることで事業拡大を図りたいという方が多かったです。ただ、今回のこのセミナーは無料セミナーだったこともあり、最終的には数十万円の講師になるためのセミナーのセールスが行われました。一年間のスクール形式で50万円ほどの価格のスクールがセールスされmセミナー当日に参加を決めると半額の248000円で参加権利が与えられるというセールス手法。この手のセミナーセールスのセオリーどおりの販売方法で、もはやこのセールス手法が古い方法だということを疑いもせずに販売してた講師が少し残念に思えた。無料セミナーを受講させて、やる気と具体的手順を先に与えて、それでは確実にステップアップするためのセミナー講師育成プログラムはこれです!という形の流れなのは間違っていないのですが、このようなセールス手法を取るときに重要なのは、その無料講義の中でどれだけ迷いなく生徒に具体性と驚きと希望を与えられるかにかかっています。残念がらこの講師の講義では、何箇所も生徒を迷わすような発言と言動が多く、きっと大したカリキュラムは存在しないと感じた。今まで企業を相手に教育してきたという講師経歴だが、社員教育は有名書籍や自己啓発本の内容をライブで新入社員や新人に話せば効果があるのに決まってる。今までそんな講義を繰り返してギャラを貰っていた人なんだろうということが如実に分かりました。本当に優秀なセミナー講師を育てたいのならもっと別の方法があるのではないでしょうか。最近のセミナーセールス手法で上手くお金を稼げている人が多くなってきたせいか、講師の水準は下がる一方。権威性の裏付けとなる深い知識と実力は不要でセミナー講師ができる。と宣言してしまうセミナー講師は優秀とはいえない。結果的には残念なセミナーだった。