セミナー参加後、主催者側から電話が。セミナーセールス

先日渋谷で参加してきたセミナーの主催者側から電話が来ました。セミナー参加申込みする際に、電話番号の入力も必須だったので入力して申し込んだのですが、その番号に着電がありました。先日のセミナー終了間際にオファーされたセミナー講師を育てる塾のセールスです。電話をかけて来たのは女性で印象のいい方でした。その電話の内容は、「先日はセミナーにご参加頂きありがとうございました」から始まり、セミナーでご案内した塾に関してご不明な点はございませんか?という内容でした。こちらは参加する気がなかったので、特に不明点はありませんと回答したところ、受付の締め切りは○○日までなのでご検討ください。と言い残して電話が終了。しつこいオファーが展開されるのかと思ったら意外と声かけ程度の電話でした。セミナーセールスの購入率を上げるための戦略が色々と用意されているもので、参加申込みをしたアドレスにもステップメールが届いています。あのセミナーの内容とオファーを聞いた人の内、どれだけの人が入塾するんだろう?と気になる所ではあります。けど、あのオファーの仕方では成約率は低いのではないかなと個人的には思う。セミナーでセールスするには、そのセミナー内の時間の中でどれだけおお!と思わせることができるかに関わっていると思う。こういう内容で展開していくのでがんばりましょう!という塾はセミナーセールスには向かない。セミナーの時間の中だけで受講者に変化を起こすことができる自己啓発系ならセミナーでセールスしやすい。セミナー内の時間で驚きと高揚を与えられるからだ。それ以外のビジネスは、やってみなければわからない。というオファーだから成約にはつながりづらい。このことを知らないセミナー講師やインフォプレナーが多いから七転八倒してセールスに時間を食われているのが現状と思う。もう少しビジネスというものを考えたほうがいいのではないかと思った。