娘のコンタクトレンズがすごい

最近、娘の風貌が非常に派手だ。
紙の色は落ち着いてはいるが、目元のメイクがまるで演者のようだ。
メイクがうまくなってきたせいか、別の人に見えるほど。
特に印象的なのが、娘が愛用しているメガ盛りカラコンだ。
おじさんな私にとっては、メガ盛りという言葉自体に違和感しか感じないが、娘の世代では当たり前の言語らしい。

メガ盛りカラコンは、シンプルに説明すると目元が派手に見えるカラコンのこと。
このカラコンをすることによって、目がぱっちりみえて、異性からモテルらしい。
娘も年頃だから恋もしたいだろうし、周りから可愛いと言われたいのだろうと思った。
親の私から見ると、ありのままの方が清楚で可愛いと思うのだが、それは娘の環境や友達との時間の中で価値観が独自のものに変化していったからだろう。
昔はピアノやバレエなどをやらせたが、その名残はほとんどない。
少々切ないが、娘が元気でいればそれでいいか。と納得するのでした。